2008年09月23日


社会保険労務士の学習 「横断整理」で知識の整理と固定


 一通りの学習を終えた後の「横断整理」は大切です。バラバラになっている知識を関連付けて、忘れないようにします。
問題集を解きながらでも、横断整理的に知識を整理していきます。

各法律の公務員への適用は?公務員の中でも特定独立行政法人の職員に対しては?
労基法、労災法で異なってきます。

健康保険法、と厚生年金保険法で標準報酬月額の規定は異なっています。健康保険法では47等級、厚生年金法では30等級、又それらの上限の弾力的変更の規定も異なっています。

こういう相違点は比較して理解する必要があります。自分で整理するのが一番いいのですが、横断整理のテキストもたくさん出版されています。

有名な「真島のわかる社労士横断学習法」「うかるぞ 社労士横断編」どちらも、とても充実しています。

しかし、私は時間が無いので、(値段も安かったので)TACの「社労士 必修横断整理」を使いました。ボリュームは他の2冊の半分以下です。でも重要な点はもれていないと思います。
時間的な余裕がない方はTACの小冊子のようなテキストでもOKです。

あくまでもメインは基本書で横断学習はサブです。基本となる6本の法律(労基、労災、安衛、雇用、健保、国年、厚年)の類似、共通点整理したものが、横断整理です。

制度趣旨の理解も大切です。例えば、標準賞与額の上限は健保では540万円/年、厚年では150万円/月で通常でしたら、300万円/年、となります。何故違うのかな?

私は勝手に「健保保険料は(国としては)もらいっぱなしだから、取ればとるほどいい」、「厚年は後から、年金支給額に影響するから、少なめでもいいか」、と考えて制度が決まったんじゃないか、とこじつけました。屁理屈でも自分で考えると忘れないものです。

「なぜ違うのかな」と考えることが大切だと思います。








PR| 司法書士試験,独学,短期| 社会保険労務士,独学,短期| 行政書士,独学,短期| 宅建,独学,短期| 国家資格,独学| スカイプ英会話| 目標達成| ルイヴィトン| 投資信託,初心者| メタボ対策| 猫好きの日記| 社会保険労務士,独学| 美容ナビ| 派遣の常識| 司法書士,独学| 宅建,独学| 行政書士,独学| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金,会社設立,| 社労士,大阪,伊丹,神戸,ヒロセ| 社労士独学用問題集|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。